結構人ミルクホール 阿佐ヶ谷住宅

東京都文京区の谷根千と呼ばれるエリアから、南阿佐ヶ谷に移転しました、
スペシャルティ珈琲と自家製ケーキの専門店です。
お一人様に特化した読書空間です。お二人以上での入店はご遠慮願っています【詳細】
大切な本と一緒のご来店をお待ちしております。

メニュー

阿佐ヶ谷住宅にて、ドリップしたコーヒーをお持ち帰りでます。
C7M53IuU8AAeCvR
注文後ドリップしますので15分程お時間頂きます。
事前にご連絡(LINEツイッターFacebookメール)頂けましたら、指定のお時間までご用意しておきます。容器お持ちで多少増量します(180ml入るものをご用意下さい)。

弊店がある五日市街道沿いには地域に密着した手作り感溢れるパン屋さんがあります。
以下は店内でお召し上がり頂けますので、持ち込みの旨、ひと声お掛け下さい
●お隣の名店、SONKA【公式サイト】【食べログ】さんのフランスパン類全て
●少し高円寺寄りに行った、好味屋【食べログ】さんの惣菜パン等のパンメニュー
●さらにもう少し高円寺寄りに行った、八千代【食べログ】さんのサンドイッチ

※ドリンクのオーダーをお願いします。

700円(180ml強) 少なめ650円(120ml強)  2杯目以降300円(少なめ250円)
豆販売800円@100g(50gより販売。ご希望あればお挽きします)

 円錐ペーパー抽出によるハンドドリップ(手で丁寧に抽出します。クイックメニューはマシン抽出)。珈琲豆は主に、最高品質スペシャルティ珈琲のパイオニア ホリグチ珈琲【公式HP】から仕入ています。
 砂糖・ミルクはお付けしません。入れてしまうとどの珈琲豆でも同じ味になってしまいますし、珈琲豆によって適量があります。
 一般的な珈琲豆は原産国までしか追跡できませんが、弊店では可能な範囲までの産地・農園・品種・環境といったトレサビリティ(追跡可能性)に努めています。
 珈琲豆は農作物ですので、入港1年以内の新豆限定、中でも入港間もないものを極力取り揃えます。焙煎に関してましては焙煎の翌日に仕入れ、1週間ほど味が落ち着いた段階で冷凍。長くとも3〜4週間で使い切ります。数多の自家焙煎店よりも新鮮で豊富なヴァリエーションを自負しております。

 単品¥800 飲み物と頼むと¥300 2個目〜¥400 お持ち帰り1カット¥500
 ※ホール通販承り中!詳しくはコチラをクリック!
 一般的なチーズケーキの凡そ倍の豪州産クリームチーズを使用し、砂糖はサトウキビの洗双糖を用いることで控えめながらしっかりとしたナチュラルな甘さを実現。
 卵は滋養卵の赤玉でコクがありつつもしつこ過ぎない食感に。遺伝子組み換えでないコーンスターチ。バターは国内産の無塩でコクを持たせ、原材料にあらかじめ含まれる成分以外の保存料・着色料・安定剤は加えていない、濃厚なチーズケーキに焼き上げました。

 単品¥800 飲み物と頼むと¥300 2個目〜¥400 お持ち帰り1カット¥500 ※ホール通販受付中
 自家製チョコレートペースト(フランスの老舗チョコレートメーカーであるヴァローナ社製の脂肪分22〜24%カカオパウターと牛乳と洗双糖を小鍋で煮詰めた濃厚手作りペースト)と、卵白を手でじっくり仕立てたメレンゲにさっくりと混ぜ、軽いながらしっとり濃厚なチョコレートケーキに仕上げました。
1377090_667654706585727_1011138978_n
 国内産小麦、洗双糖、バター(食塩不使用)、国内純生クリーム。
※真っ白な部分が残っている場合がありますが、混ざりきらなかったメレンゲ(卵白)ですので、品質上問題ございません。しっとり仕上げるために、ざっくりとしか混ぜ合わせないため、生じる現象です。

新店舗でも自家焙煎を再開してみました。
サンプル用の手回し焙煎機が入手できたので、少量ですが時折焙煎しています。
C7Cnc1DWkAE_GHY
只今の自家焙煎豆3/26現在:ガテマラ深炒り・イルガチェフェ中間・コロンビア中間・ブラジル深炒り
自家焙煎ブラジルフレンチフラッシュ
(写真はブラジル)
通常の堀口珈琲豆とは異なりますが、クオリティの高いスペシャルティ珈琲ではありますので、メニューに自家焙煎のマークがある時は、宜しければお試し下さい。

285631_494427597241773_705088640_n ストレート珈琲の深炒り豆を23g以上(一般的な珈琲の3〜4杯分)で抽出、カップ一杯の氷に注ぐ急冷式により、淹れたての香味をご堪能下さい。
 市販のガムシロップやミルクは添加物が多く、安全性の面でも味の面でもお客様にお出しできるものではないのでお付けしておりません。
特にコーヒーフレッシュは植物性油を白くしただけの、サラダ油を飲んでるようなものなので、絶対に使用しません。
またストローはポリプロピレンの味と匂いが妨げとなるのでお付けしません。

↑このページのトップヘ