先日やっと、千駄木時代に取り付けていた入口の扉を南阿佐ヶ谷に持ってくることが出来ました。
また少し落ち着いた雰囲気になったと思います。
実家の扉