結構人ミルクホール 阿佐ヶ谷住宅

東京都文京区の谷根千と呼ばれるエリアから、南阿佐ヶ谷に移転しました、
スペシャルティ珈琲と自家製ケーキの専門店です。
お一人様に特化した読書空間です。お二人以上での入店はご遠慮願っています【詳細】
大切な本と一緒のご来店をお待ちしております。


今日では東京下町イメージの代表格とも言うべき、文京区〜台東区を跨ぐ谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアから、2016年5月、阿佐ヶ谷に移転してきました。
偶然、この地に空き物件を見つけただけと、阿佐ヶ谷にした営業上の特別な理由はないのですが、個人的に思い入れのある場所で、契約が決まった時は、何やら縁のようなものを感じずにはいられませんでした。

弊店の近くには数年前まで、阿佐ヶ谷住宅という団地群がありました。

阿佐ヶ谷住宅3

再開発により、現在はプラウドシティ阿佐ヶ谷【公式サイト】というマンションが建っている場所です。この文章を書いている段階でもまだ一部は建設途中です。
この場所にあった阿佐ヶ谷住宅。団地というよりは2階建ての洋風長屋が連なるテラスハウスといった建物で、周囲を木々で覆われた、庭つきのモダンなアパートメントハウス群でした。

阿佐ヶ谷住宅1

建物のデザイン性、生活スタイル、そこから醸し出される敷地内全体に漂う空気感。住民は元より、建築好きの間でも広く知られ、多くのファンに愛された空間でした【参照:阿佐ヶ谷住宅日記】

善福寺川2

近くを流れる善福寺川。春ともなれば桜の名所として沿道は沢山の花見客で溢れますが、花見以外でも紅葉の時期、冬木立の散策を兼ねては、阿佐ヶ谷住宅を見に幾度も訪れました。

阿佐ヶ谷住宅5

余りに魅了されたため、私自身、店を営む傍ら、町の散策やその中で出会った町中華等の大衆食の食べ歩きを綴ったブログやミニコミ誌を作っているのですが、その中で、阿佐ヶ谷住宅をメインに幾つかの団地とその周辺の散策・食べ歩きを特集しました【デウスエクスマキな食堂11年冬号:団地団地レボリューション!】

阿佐ヶ谷住宅4

色々な街角を巡った中でも特に思い入れがあっただけに、取り壊しは残念でないといえば嘘になりますが、失くなってしまったものは仕方ありません。しかし折角、こうして阿佐ヶ谷住宅の近くに移転してきたのですから、せめて名前だけでも…との想いで、嘗ての店名に阿佐ヶ谷住宅の名を付けてみました。

阿佐ヶ谷住宅6

住宅といっても住んではいませんが――ケーキが焼ける珈琲好きの友人宅に呼ばれ、庭から指す午后の陽を感じながら、うたた寝がてら読書や書物でゆっくり丁寧に過ごす時間――をコンセプトに、新たな店づくりをしてみました。

店内1

※店主の町歩きブログにもっと阿佐ヶ谷住宅の写真をUPしました。
 →昭和迷宮物件|vol.69 テラスハウスがあった空間の記憶〜阿佐ヶ谷住宅

初めての方には、どんな店か、どうやって注文するのか、どのような過ごし方が出来るのか、不安に思われるかもしれませんので、入店から会計まで、店内を紹介していきます。

入口です。
tenpo

入られましたら、まずはお好きなお席にお掛け下さい。
店内1
窓側はローテーブルでソファータイプの椅子席がメインです。

壁側はライトの付いたハイテーブルが並びます。
店内2
書物等、作業向きの席です。

メニューをお持ちします。
メニュー
お決まりになりましたら、店員をお呼び下さい。
※只今ドリンク・1stケーキの100円引きを行っています【ドリンク全品100円引きサービス中!】

もしくは、会計カウンターからも注文可能です。
注文
珈琲は(あっさり・中間・こってり)からお選び頂けますが、その3種以外にも豆があるケースは多々ありますので、会計上のコーヒー豆一覧から直接ご指定頂けます。

珈琲はハンドドリップで1杯ずつお淹れするので、お席で10〜15分お待ち下さい。

会計カウンター脇には店内閲覧用本棚をご用意しています。お席でご自由にお読み下さい。
本棚
ジャンルは珈琲の本から、飲食全般、街歩き(店主セレクトの散歩の達人や東京人のバックナンバーが揃います)がメインです。

店主が発行する大衆食を中心とした町散策ミニコミ誌【デウスエクスマキな食堂シリーズ】の近刊もお買い求め頂けます。
デマキコーナー
絶版となったバックナンバー(マツコの知らない世界で取り上げられた板橋チャーハン本や、阿佐ヶ谷住宅や荻窪団地のあった頃のレポートが載った団地団地レボリューション、公営ギャンブル場飲み歩き本等々)も閲覧できます。

本棚には感想ノートもご用意しています。
感想ノート
ご意見ご要望、お気軽にお席にお持ち頂いてお書き下さい。

店内閲覧本棚の対面がトイレです。

ご注文をお出ししたい際に伝票をお渡ししています。
伝票
現在、特にご利用時間の制限は設けておりませんが、長居される場合の目安として、1品につき約1時間、お代わり等追加注文頂けると助かります。

お帰りの際は、伝票と合計金額を会計カウンターの銀のトレーまでお願いします。
トレー
盲導犬募金と東日本大震災の福島こども基金の募金箱を設置しています。1円玉等ありましたら、ご協力頂けると嬉しいです。

ご利用ありがとうございました。
店内3
気に入って頂けましたら、またお越し下さい。お待ちしております。

〒166-0015 東京都杉並区成田東2-33-9 加藤ビル1F-B

■電車でお越しの方
・東京メトロ丸ノ内線『南阿佐ヶ谷』徒歩10分超
…青梅街道を新宿方面へ。郵便局と警察署を過ぎた先、沖縄そばを右折、道なりに数分。三井のリパークが見えたら斜め左の路地へ(私道のようで行き止まりっぽくも普通に通れます)。ここから五日市街道まで一本道。成田東3丁目交差点に出たら、右折、スグ。
・JR阿佐ヶ谷駅から
…南口のアーケード商店街パールセンターを真っ直ぐ。抜けた先が青梅街道。後は↑の沖縄そばからの道順。

■バスでお越しの方
・関東バス 成田東三丁目 停下車スグ
 中野駅〜吉祥寺行き中36|五日市街道営業所行き中35:【関東バスナビ】
 吉祥寺駅〜中野行き中36:【関東バスナビ】
・杉並区コミュニティバス「すぎ丸」【NAVITIME】
 けやき(南北)路線:浜田山駅より三年坂バス停or阿佐ヶ谷駅より杉並第二小学校下車 徒歩4分
 善福寺川緑地停より緑道を南下、五日市街道に出て東(新宿方面)へ数分のルートがオススメ。

●善福寺川散策ルート:
…当店近くには桜の名所として知られる善福寺川に沿った緑道が続き、五日市街道沿いには新旧パン店や、昔ながらの惣菜屋が多く残っています。散策にうってつけですので、寄り道がてら休憩にご利用下さい。
グーグルマップ上では少し遠回りですが、善福寺川散策ルートも掲載しています。レイヤーをクリックしてみて下さい。
今後、周辺の立ち寄りお店情報も更新していく予定です。

5/1より、暫くの間プレオープン期間とさせて頂きます。

5/16(月)より、12:15頃〜19:00LO に戻して暫く再度試験営業します。
※正式に営業時間決定しました:12:30 〜 19:15 L.O. 金曜定休

何もかもが手探りで、急に開店時間が遅くなったりする可能性もありますので、申し訳ございませんが、お越しの際はツイッターやFacebookといったSNSで営業状況をご確認頂ければ幸いです。

場所は南阿佐ケ谷駅より徒歩10分チョット。
東京都杉並区成田東2-33-9

メニューは、
・ストレート珈琲 ¥800(2杯め〜¥300)
・アイスブラック ¥800(2杯め〜¥300)
・チーズケーキ ¥400(飲み物なし単品のみ¥800)

のみとなります。当面は基本、持ち帰り不可とさせて下さい。

正式オープンは後日決まり次第告知します。
不慣れな点が多くご不便おかけすると思いますが、新天地でもこれまで通り、居心地に関しては過去の反省点を活かし、さらにごゆっくりして頂ける空間になっていると思います。
それと変わらぬ味で、みなさまのご来店をお待ちしております。

建物の取壊し予定に伴い、2016年3月一杯で閉店いたしました。

今後の予定は未定です。
移転を考えてはいますが、それがスグなのか、暫く後なのか、再開断念せざるを得なくなるのか、どうなるか分かりません。
もし再開できましたら、このサイト上でお知らせ致します。

これまで12年弱、やってこれたのが奇跡だと思っています。これだけやっても手がおぼつかず、成長のない店主でお恥ずかしい限りでしたが、続けられたのは、お越し頂いた皆様のお陰です。本当にありがとうございました。

1509●たくさんの募金ありがとうございます!
「盲導犬協会」募金への温かいご支援いつもありがとうございます。
あと1ヶ月ほどで振込完了通知が届くと思いますので、店内にて掲示いたします。
それともうひとつの「東日本大震災ふくしまこども寄附金」もだいぶ貯まりましたので、近々送金にいってきます。
日頃の暖かなご支援、誠にありがとうございます。引き続き、レジ脇に設置してありますので、ご賛同頂けましたらご協力、宜しくお願い致します。

700円(180ml強) 少なめ650円(120ml強)  2杯目以降300円(少なめ250円)
豆販売800円@100g(50gより販売。ご希望あればお挽きします)

 円錐ペーパー抽出によるハンドドリップ(手で丁寧に抽出します。クイックメニューはマシン抽出)。珈琲豆は主に、最高品質スペシャルティ珈琲のパイオニア ホリグチ珈琲【公式HP】から仕入ています。
 砂糖・ミルクはお付けしません。入れてしまうとどの珈琲豆でも同じ味になってしまいますし、珈琲豆によって適量があります。
 一般的な珈琲豆は原産国までしか追跡できませんが、弊店では可能な範囲までの産地・農園・品種・環境といったトレサビリティ(追跡可能性)に努めています。
 珈琲豆は農作物ですので、入港1年以内の新豆限定、中でも入港間もないものを極力取り揃えます。焙煎に関してましては焙煎の翌日に仕入れ、1週間ほど味が落ち着いた段階で冷凍。長くとも3〜4週間で使い切ります。数多の自家焙煎店よりも新鮮で豊富なヴァリエーションを自負しております。

↑このページのトップヘ